名古屋で『相続税』なら【税理士法人心 名古屋税理士事務所】

税理士法人心

相続税と贈与税の違いに関するQ&A

  • 文責:税理士 内堀昌樹
  • 最終更新日:2022年3月3日

相続税とはどのような税金ですか?

相続税は、ある方が亡くなり相続や遺贈等が発生したことを原因として、相続財産を取得した場合に、課される税金です。

贈与税とはどのような税金ですか?

贈与税は、財産の贈与を受けた場合に、その財産に課される税金です。

財産を生前に相続人に贈与することにより、簡単に相続税の課税を逃れることを防ぐために、贈与税が大きな役割を果たします。

贈与税は、相続税の補完税としての役割があると表現されることもあります。

相続税と贈与税に似ている点はありますか?

実は、相続税法という法律はあっても、贈与税法という法律はありません。

相続税法の中に贈与税に関する規定が存在します。

相続税も贈与税も特定の人から特定の人に資産が移転する際にかかってくる税金であるという点では似ているのでこのような法律の立てつけになっているようです。

相続税と贈与税はどちらが得ですか?

相続税も贈与税も移転する財産の価額が大きくなればなるほど、税率が上がるという累進課税制度が採用されています。

相続税は、3000万円+600万円×法定相続人の基礎控除額があり、暦年贈与の場合の贈与税には、年間110万円の基礎控除額があります。

また、税率は、一般的に贈与税の方が高くなっています。

しかし、贈与は相続と違い、人と時期をずらすことができます。

そのため、生前に財産を小分けに贈与することで、相続税の税率よりも低い税率で贈与できれば、税金が特になるといえます。

贈与は年間110万円が一番得するのではないかと考えている人が多いです。

しかし、110万円を越えた贈与であったとしても、相続税の税率よりも低くなることもあります。

どの程度の金額が一番得となるのかを知るためには、税理士と相談して相続税のシミュレーションをしたうえで、毎年、いくら贈与をするのがいいのかを検討する必要があります。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ